2020年7月4日土曜日

引き分けも榊原復活の狼煙

第13戦 ライオンズ4-4バファローズ


榊原翼今季初マウンド
先発・榊原翼は不調からファームスタートとなったが、山賊打線相手に気魄こもったピッチングが光った。6回に勝ち越して勝利投手の権利を得たが、惜しくも同点に追いつかれ今季初勝利は逃した。とはいえ、当初の先発3本が欠けたなかでの復活は心強い。


先発ローテの再編に目途
山岡泰輔・山本由伸・アルバース・田嶋大樹・村西良太・K-鈴木で開幕したローテは最初でつまずいた。結果の出なかった村西と鈴木がファーム落ち。山岡が脇腹を痛め離脱。欠いた3枚を埋めることが急務となった。ライオンズ線に入り、鈴木優と榊原翼が好投し、目途が立った。山崎福也ももう一度チャンスがあるだろう。


DHジョーンズで守備新布陣
AJの守備が勝敗を左右する試合が続き、ついに決断か。両翼にT-岡田と吉田正尚を配する布陣となった。2人ともにうまいとまではいかないが、少なくとも緩慢というレベルは脱した。残るセンターは後藤駿太と、宗佑磨や西浦颯大と併用して負担の軽減をはかりたいところ。

やはり1・2番の出塁率
1番宗佑磨、2番安達了一で落ち着きそうだ。この2人がでれだけ出塁できるかが、今後の得点率に大きく関わってくる。機動力や打席の粘りでも、相手投手にプレッシャーをかけてほしい。


2勝10敗1分(最下位)
得点43(最下位)失点58(3位)HR10(最下位)
打率.221(5位)防御率4.06(3位)

まだ序盤戦、がんばれバファローズ!