2020年7月2日木曜日

ファーム公式戦 宮城大弥先発も一発攻勢に屈す

ファーム公式戦第11戦 D8-3Bs

ファーム公式戦 松葉に花を持たせる
先発宮城3回3失点 
佐藤一 一人相撲課題残す 
中川センタースタメン1安打
ただの敗戦にとどめてはならない
守備では勝俣・紅林のエラーで失点
基本からやりなおし

123456789H
バファローズ21000000036
ドラゴンズ21031010X811
(練習試合)ナゴヤ 12:30 本塁打/石川昴・石垣・Aマルティネス

Bs名前投球回球数被安三振四死失点
13宮城33213
001佐藤一2/33022
39小林1 1/32111
48齋藤10200
003中田12111
58金田11200
D名前投球回球数被安三振四死失点
P松葉76503
P濱田達10000
Pマルク10100

Bs守備位置名前打数安打打点四死HR
16紅林41000
29西浦40000
38中川41100
44太田41100
55勝俣40000
63大下41000
7D杉本31000
82稲富30000
97西村31100
 .182336300
D守備位置名前打数安打打点四死
HR
18岡林51000
27シエラ30010
走7滝野10000
34根尾43100
45石川昴33211
52Aマルティネス21221
63石垣32101
打3石岡10000
76三ツ俣41100
89伊藤康30010
91松葉30000
2大野奨10000
 .3333311753

総評
宮城大弥 3回3被安打3失点。4番石川昴と6番石垣に被弾。前回もタイガース4番井上に打点を献上したが、やはりいい打者は失投を逃さない。攻めの投球は評価できる。コントロールには問題なし。大崩れはしない。次回の登板も期待。

佐藤一磨 1回もたず。四球・本塁打②・左2・右安①・四球・1ゴロ(松葉)・9ライナー(西浦好捕)。前回登板はボールから入る投球で幅を狭めたが、今回も課題は山積。宮城と比べても、まだ試合に投げられるレベルにはない。乗り越えての飛躍に期待!

勝俣翔貴 期待が大きいだけに、攻守ともに歯痒い結果。ファームでは無双するぐらいの結果がほしい。まだ2試合目。明日以降の奮起を見たい。

中田惟斗 いきなり勝俣のエラーでランナーを背負い、根尾・石川昴と連打されて1失点。しかしここから併殺と三振で凌いだ。強靭なハートを持っている。成長が楽しみ。

紅林弘太郎 内容は、①2塁打②7フライ③8フライ④6ゴロ 手痛いエラーがあった。要守備練習!

頓宮の足の状態と、センター中川は決まりなのかが気になるところ。