2020年7月5日日曜日

吉田正尚 逆転2ラン 薄氷勝利!

第14戦 ライオンズ3-4バファローズ


苦しい展開、リードを許すも…
2点差、回も詰まり敗色ムードの漂う中、ブルペン陣を温存するライオンズが送ったリリーフは森脇。通常は気分的には楽な場面で投げることの多い投手とはいえ、制球が素晴らしく、防御率も1点台を誇る。しかし、やはりリードの8回を投げるプレッシャーはあったのか、四球と牽制悪送球が重なりチャンス到来。大城がタイムリーで1点差。


正尚の起死回生・逆転弾!
ライオンズはここで、このカード4回目の左腕・小川の投入。初球だった。振りぬいた打球はフラフラと舞い上がった。一瞬ファールと思われた打球は、フェアゾーンに戻されそのままスタンドイン。あっという間の逆転劇だった。


田嶋の好投が報われた
田嶋は3点を先制されながらも、淡々と7回まで投げ切った。これで3試合連続のゲームメイク。ローテ投手の中では唯一の安定ぶりである。この粘投はついに今季初勝利へと結びついた。

サード小島起用に賛否渦巻く
駿太の不振で、センター宗、サード小島のスタメン。しかしファンの中では不評なのか、小島批判が渦巻く。一つ言えることは、彼はスペアとしては必要不可欠な選手ということ。内外野守れ、足が速く、経験値も高い。昨日は松本航との相性を買われてのスタメンだったはず。結果は散々だったが、替わりに打力特化の選手を入れると、試合後半が廻らなくなるのは明白。今後、小島には何とか結果での手のひら返しを期待したい。


3勝10敗1分(最下位)
得点47(最下位)失点61(3位)HR12(最下位)
打率.222(5位)防御率3.98(3位)

エース由伸で連勝を狙う!

0 件のコメント:

コメントを投稿