2020年6月19日金曜日

開幕戦 完敗。AJの調整不足露呈。

第1戦 バファローズ1-9イーグルス

完敗
まさに完敗。ホーム開幕の利点も、エース山岡の対イーグルス戦の相性の良さも、超強力上位打線の触れ込みも、何ひとつ活かすこともできず敗戦。

為すすべなし
8回の神戸へのスイッチを批判する向きもあろうが、1安打で勝機を掴むことはこの展開にあっては難しかっただろう。作戦の打ちようがない、とはこのことだ。

割り切り大事
こうなった以上は、たかが1戦と割り切る以外にない。山岡に負けがつかなくて良かった。または、タイガースの西のように勝ちが消える展開でなくて良かった。

バランスに欠ける打線
T-岡田・ロドリゲス・吉田正尚・AJと並べた打線は不発に終わった。個人的には、昨年の福田周平・西浦颯大の足の使える1・2番のほうが相手に与えるプレッシャーは大きかったように思える。それに比して、イーグルスの打線はバランスが良い、驚異の打線だ。打線はジグザグに代表されるように、強弱交互にばらされての配置のほうが、機能する確率は高いだろう。AJに関しては、完全な調整不足。結果に繋がるにはまだ時間がかかるだろう。

今シーズンの山岡に期待
エースにふさわしい内容だった。この独特の雰囲気の中で、則本に引けを取らない内容だった。今シーズンの山岡の飛躍に期待がもてる内容だった。

明日に期待!!


0 件のコメント:

コメントを投稿