2020年6月26日金曜日

ファーム公式戦 本田仁海乱調で大敗 西野真弘復帰は吉報!

ファーム公式戦第7戦 Bs0-7C 


ファーム公式戦 本田打たれ完敗
先発本田5回5失点
西野スタメン・サードで復帰 
紅林今日も無安打

123456789H
カープ300110011715
バファローズ00000000003
(公式戦)Bsオセアン 13:00
本塁打 なし

C名前投球回被安三振四死失点
P野村61520
P中村恭11200
PDジョンソン11200
P一岡10120
Bs名前投球回被安三振四死失点
46本田511325
60左澤10200
52ヒギンス11101
66吉田凌12011

C守備名前打数安打打点四球本塁
18大盛63000
26小園10000
6中神30100
37宇草42110
4340010
59正随44110
62中村奨53100
7D磯村41100
D桑原10000
84韮澤51100
95羽月41010
 .3664115640
Bs守備名前打数安打打点四球本塁
18平野30010
29根本40000
36太田41000
43モヤ20010
打5西浦10000
57松井佑31000
打5佐藤優00010
65西野20000
打5大下10010
7D紅林40000
84岡崎30000
92飯田10000
2稲富21000
 .100303040

総評
本田仁海 5回11被安打5失点。これほど調子の悪い本田を見たことがない。毎回ランナーを背負い、球威・キレともに本調子とは程遠い内容。収穫は5イニングを投げ切ったこと。今後1軍ローテに入るならば、5イニングを全うしたというのは一定の評価には値する。

左澤優 当たっている打線に対するというハンデを考えれば、本日最も好投したといえる。1回2奪三振無安打。左投手で考えれば、海田・山田・山崎福・斎藤に次ぐ立ち位置とすれば、あと2人に勝れば3番手。必ずしも1軍マウンドが遠いわけではない。

西野真弘 手薄の内野陣にはぜひとも欲しいピースが戻ってきた。2打席だけとはいえ、サードの守備にもついた。調子が戻れば、打席で粘れ、左投手も苦にしない西野を1・2番での起用もかなう。調整が待たれる。

平野大和 紅林に代わり1番でのスタメン起用。残念ながら安打は出なかったが、貴重な場数となる。なかなか高卒ルーキーで1試合センターを任せられない。首脳陣の期待の高さがうかがい知れる。

紅林弘太郎 本日4打数無安打。内容は、①三振②7フライ③三振④8フライ 打順は6番に下げたが、スタメンフル出場は続けている。今日は守備につかせず、DHで打撃に専念させたところに育成の意図を感じる。
1打2打3打4打5打
対ホークス619521三振中飛H①H一直
対ホークス620520H三振三直H三振
対ホークス621410H中飛中飛三振
対タイガース6234102H三振遊ゴ三振死球
対タイガース624310三振四球H一邪
対タイガース6254006ゴ4直5ゴ3邪
対カープ626400三振7飛三振中飛
打率.2412971

0 件のコメント:

コメントを投稿