2020年6月23日火曜日

逆転サヨナラ負け 6連戦緒戦落とす

第4戦 マリーンズ6X-5バファローズ

まさかの逆転サヨナラ負け…
3点先制されるも反発力を見せ逆転。クローザー・ディクソンに繋ぐ展開に持ち込むも、まさかの落とし穴。先頭マーティンにセンターに返され、代走・岡にチェンジ。

虚を衝いた初球スチール
1点ビハインドの場面では、定石送りバント。しかし、まさかの初球博打スチールを仕掛けられる。ナックルカーブに捕球態勢を崩された若月の2塁送球は左へ逸れ、悠々セーフ。9回の攻防の行方は決した。

今季初アーチはAJ!
明るい話題もある。完璧な立ち上がりで5回まできた二木を捉えたのは、アダム・ジョーンズ!センターに返したAJの打球はそのままスタンドイン。バファローズ今季初のホームランとなった。

1点を守る守勢の罠
昨シーズンから目立った1点リードすると守備固め陣形に入る布陣。佐野の好プレーもあったが、気持ち的には完全なる守勢ムード。昨シーズンも何度となく追いつかれ、手詰まりで敗北というパターンが目立った。攻撃の余力が残っていないのだ。リードしたら突き放す勢いがないと逃げきれない。1点を守り切るなどというスタンスでは、またこれからも同様のシーンを積み重ねるだけだろう。

ディクソンの後継急務
今シーズンのクローザーはディクソン。今日は不調だったが、心配はいらないだろう。制球が悪すぎた。ただ、年齢はやはり気にかかる。昨年ファームで育成した漆原大晟や今クローザーを務める鈴木優など候補はいる。榊原翼を先発に入れ、村西良太を試す手もある。

今日は残念、明日はK-鈴木に期待!!

0 件のコメント:

コメントを投稿