2020年11月17日火曜日

来季のアダム・ジョーンズも期待薄と思われますが。

  来季は体調を万全にして…  

このフレーズ、何年か前に聞いたことがある。
そう、トニ・ブランコが2年契約の1年目を終えて
オフに目にした記事にもそんなことが書いてあった。

ブランコの1年目。公称188cm、102kgも、
明らかにウェイトオーバー。成績は、
52試合 165打数32安打.194 24打点 本塁打9。

散々な成績に終わり、その原因がこの締まりのない
体にあると見ての前述の言葉。

さあ、2年目のブランコさん。ケガも治して、
体調もシェイプアップも万全に…臨んだであろう
このシーズンの成績は、

27試合 78打数17安打.177 13打点 本塁打3。

来季のジョーンズさんも期待薄でしょう。
何せこの日本での野球は、大金をもらいながらの
異文化体験ツアー。楽しくて仕方のないご様子。

あてにせず、いい意味での裏切りがあってほしいと
少しばかり祈るばかりです。



にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

                  にほんブログ村  

2020年11月16日月曜日

古長選手の指名経緯についての記事を読んで、余計に混乱??

 選手の気質を変えるために育成1枠?   

今回のドラフトで育成6位で指名された古長拓選手。
指名直後から様々な憶測で語られてきましたが、
所詮、本当のところは分かるはずもなく、何か
突出した能力があっての指名と信じていました。

ところが、この記事によると、
『強い個性を持った選手を加えることで、化学反応を起こしたい』
とのこと。『今年で言えば大下誠一郎のように』と。

確かに、大下はバファローズベンチに入ることで、化学反応を
起こしました。しかし、彼の場合は実力も結果も伴ってのこと。
『病気の父親や2人の妹さんのためにも頑張りたい』という、
彼の心意気もファンの共感を得てのものでした。

正直、この記事を読んで困惑しました。
ただ、スカウト力には定評のある牧田さんの眼力を信じたい
気持ちもあります。

入団して、キャンプが始まってからの動向を見守ることに
したいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

                  にほんブログ村  

2020年11月15日日曜日

フェニックスリーグでも打撃が課題なのは明白!

 今日のフェニックスリーグは対イーグルス戦。

本田仁海が7回2失点と粘りましたが、

フェリペの2度のタイムリーの2得点のみ。


本日の試合を見て、

A>来季の打撃に期待が持てる

  稲富宏樹 紅林弘太郎 佐藤優悟 フェリペ

  大下誠一郎

B>可もなく不可もなく

  後藤駿太 

C>打撃の伸びしろはないかも…

  廣澤伸哉 勝俣翔貴 平野大和


黒木優太が登板し150km中盤の速球とスライダーが

冴えわたり、来季に期待が持てそうです。


心配なのは、ベンチで声援を送っていた太田椋と

打撃不振の宜保翔です。


にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

                  にほんブログ村  

2020年11月3日火曜日

😊宮城大弥 1年目にして未来の飛躍を予感させる大器ぶりを発揮!来季以降も楽しみ!

     宮城大弥 来季の課題は対左打者と腕の振り!   

宮城大弥投手 ウエスタンリーグ 主な投球内容
相手名前123456789球数指数
625T宮城大弥59441279
72D宮城大弥-54321359
81T宮城大弥673311177
810T宮城大弥1045331194
821H宮城大弥-971340217
829T宮城大弥-1088212143
98T宮城大弥-1013331196
915D宮城大弥104753694
927C宮城大弥824621197
1011D宮城大弥-754322100
1028H宮城大弥935810273
13試合 6勝2敗 防御率2.72 投球回59回2/3 奪三振49
1年目にして6イニング100球でこなせる能力はさすがドラフト1位。
来季は1軍マウンドを定期的にこなしつつ、ファームでの研鑽を積みたい。
左打者へのインコースの制球と、変化球と速球の腕の振りの同質化がカギとなる。


にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ

                  にほんブログ村